J12ndステージ第14節サガン鳥栖VSベガルタ仙台 速報 やれば出来るじゃん仙台

6試合ぶりの勝利

J1セカンドステージ第14節ベガルタ仙台はアウェイでサガン鳥栖を3-2で破りました。ベガルタ仙台にとって6試合ぶりの勝利となりました。大宮戦から勝利がなく個人的に応援する気がなく、プレビューもこんな事を書いていただけにまずは嬉しい勝利となりました。

J12ndステージ第14節サガン鳥栖VSベガルタ仙台 プレビュー そろそろ勝たないとそもそも応援する気が・・・

ハットトリックの活躍のハモンロペス

そして、みたかった攻撃陣、ハモンロペスのゴール。ハモンロペスのパワフルな左足のシュートは気持ちいいシュートでした。特に3点目のシュートのあの角度は得意の角度ですね。今まであの角度からシュートが打てなかったのは、相手から警戒されていたからなんだと改めて納得しました。鳥栖が攻撃モードになっていて、守備が整っていない時でのあのカウンターの場面で1対1になったからこそハモンロペスのスピードが活きました。

チーム全体で勝ち取った大きい勝点3

しかしハモンロペスだけではなく、皆ひとりひとりが勝利の為に素晴らしい動きをしていました。前線からディフェンスラインまで走り回った西村。復活し、それを引き継いてくれた男前の金園。前節とは違い、勝利を掴み取ると意図がプレーから伝わってきました。

やはり梁勇基が入ると、攻撃に余裕が生まれて、チーム全体に良い影響が生まれます。

前節サポーターが抗議した熱意も通じたのでしょうか。動きも良くなり、球際の競り合いは負けていませんでした。1点目も奥埜が体で当たってから奪い取ってからの得点でした。

守備に関しても、ボール支配率に関しても鳥栖60%・仙台40%という数字が間違いだと思う程、仙台が試合をキープしていたように思います。前半は最終ラインを高めに保って積極的に守備をしたことで、相手のパスミスを引き出せました。

それにしても渡辺はヘディングが本当強い!!豊田のアーリークロスの失点の場面もマークは平岡でした。これが渡辺なら…と、考えずにはいられませんでした。

次回はヴィッセル神戸戦!

早くも今シーズン残り3試合となりました。金園も戻ってきたので、ベストメンバーで試合が見たいですね。ウィルソン、野沢、金久保と戻ってきて欲しい限りです。

なぜベガルタ仙台を応援するか。ベガルタ仙台の7つの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 最後はやっぱりこれですね。2016年J1セカンドステージ14節サガン鳥栖戦のハットトリック!3点目が一番ハモンロペスらしいですね! […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 3 =