【映画】母と暮らせば

やっぱり映画館はいいな。

母と暮らせばを見て。

舞台は第2次世界大戦時の長崎。少しファンタジーな部分もあったけれど、死んでしまった息子と母の物語。

最後の場面は、人生を卒業していくように旅立っていった母が印象的だった。食べ物が豊富にない時代を感じます。

戦争のない世界に!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =