ロシアW杯アジア最終予選第2戦 タイVS日本 速報 ひとまず1勝で勝ち点3ゲット

2018年ロシアワールドカップアジア最終予選第2戦日本はアウェイバンコクでタイを0-2で破り、勝ち点3を手に入れました。

タイ戦のスタメンを3人入れ替えてきたハリルホジッチ監督。

GK 西川

DF 森重、吉田、W酒井

MF 長谷部、山口、本田、原口、香川

FW 浅野

変わった原口が前半に1点、浅野が後半に2点目を取り、山口はこぼれ球やカウンターで危なくなる前に攻撃を止め、変わったメンバーが仕事し采配が的中しました。

グラウンドコンディションの悪さと完全アウェイであの危なかっしいイラン人の主審がつとめる中、完封勝利した事がまず良かったです。

テレビで見ているだけでも前半から芝生は禿げ上がっていたのでボールが不規則に転がっていました。正直草サッカーグラウンドのレベルで、あれで普段通りのプレーも難しいでしょう。”中東の笛”も森重への謎のイエローカード1枚で済んだこともうまくリスクマネジメント出来ていました。

課題点

結果が全ての最終予選で勝利した事でようやく次に進めます。タイ戦では、個人的には本田の良さが全く出ていない事が気になりました。決定機を外したことはもちろんですが、ボールをもらってもキープ出来ない、体で当たり負けしているなど普段とは程遠い出来でした。予選で7試合連続ゴールと決定機抜群ですが、調子悪い時にはJリーグで活躍している選手とスタメン入れ替えたり、早目に交代させて欲しい限りです。

2戦を終えての順位表

2戦を終えての順位表

現在3位です。来月10月のホームでのイラク戦、アウェイオーストラリア戦で連勝して初めてUAE戦のマイナス分を返したとなるでしょう。

あ、埼スタ行きたいな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 11 =