浦和レッズVSベガルタ仙台@埼スタ

前半の立ち上がりは、ゆっくりとスタートとしほとんど浦和がボールをキープしボールをまわすが、決定機までは至らない。仙台も引き気味でプレッシャーをかけずに、守備に専念する。逆に仙台もチャンスをつくるが、得点まではいけない。前半までは思ったほど悪くはなかったが…

ハーフタイムもこれからの後半にワクワクしていたぐらいだった。けど、後半は正直戦う意思が感じなかったぐらい。ボールが右サイドの関根、左サイドの宇賀神に渡っても、誰も行かないのかいけないのか?マークが定まっていないので、何度もサイドで自由にボールをもたせてしまう。浦和もそこを突いてこないで、余裕を持って攻める。あまりにスローなペースで先週見たACLの広州恒大戦とどうしても比べてしまい、正直迫力のなさを感じてしまう。そんな中から、1点目。牧野のクロスで李!その後1点を返すが、その後も浦和ペースは変わらずで、キムミンテのあり得ないミスから、阿部からのスルーパスに興梠が合わせて2点目。そして駄目押しは柏木の素晴らしいロングフィードに梅崎のクロスに武藤の頭で合わせて万事休す。その後も支配され続け、ホイッスル。ゴール裏から見ていて、奮闘していたのは奥埜だけだった。
怪我人が続出していて、チーム状況が大半なのは見ての通り。ウィルソン、金園、梁、金久保、水野、六反、関…レギュラー半分以上いないのは、こうして書いていても厳しい。しかし今日は試合を支配され続けていたし、足が止まっていて全体的に動いていなかった…何度も書くけど、鹿島アントラーズ戦のようにチームとしてまとまっていて、ボール際に激しくいければ、仙台は強いチームで、もっと勝てる。ハモンロペスはもっと足元ガツガツ行ってくれ!!(心の叫び)
順位表に目をやると、15位。その下には熊本地震の影響で試合を延期して1試合少ない九州2チーム。この4連敗の広島、大阪、浦和の3戦はある種仕方ないと考えると、やっぱり悔やまれるの名古屋グランパス戦だな。相性のいいグランパスには、少なくとも引き分けておきたかった…
次はホームでヴィッセル神戸戦!ここが勝負どころ!なんとか勝ってほしい!!
※元仙台の武藤が義理堅く仙台サポーターに挨拶に!それに応える仙台サポーター!こういった関係は素晴らしいと思う!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =