J12ndステージ第9節アルディージャ大宮VSベガルタ仙台 速報 勝ち点落とす

J1セカンドステージ第9節ベガルタ仙台はアウェイでアルディージャ大宮に1-2で敗れました。

試合前のプレビューもどうぞ!

J12ndステージ 第9節 アルディージャ大宮VSベガルタ仙台 プレビュー

ファーストステージの大宮戦のレポートです。

J1第12節 ベガルタ仙台VS大宮アルディージャ 速報

ナックブァイブスタジアム

ナックブァイブスタジアム

現地で観戦していましたが、前半はお互いに決定機をつくる互角の戦いでしたが、ムルジャを倒してしまいますPKを取られてしまいます。これを家長に冷静に決められて0-1で折り返します。このPKのジャッジも際どい判定でしたが、100歩譲ってアウェイだから良いとしましょう。

しかし主審である松尾一氏の後半の判定は相手に当たってボールが出ているのにゴールキックとなったり、押されて倒れているのにファゥルとなったり、試合の流れを審判に持っていてかれるレベルでした。

そんな中ようやく奪い取ったコーナーキックからこぼれ球を三田の素晴らしいミドルシュートで振り出しに戻します。その後家長が肘打ちで1発レッドで退場となり、一気にベガルタの逆転ムードになりますが、最後にこぼれ球を粘り強く繋がれ勝ち越しゴールで試合終了です。試合前の勝点は36ポイントで同点ということで、実力として互角の戦いでした。家長の退場後の采配がずばり当たったのと、大宮が最後まで諦めなかった事が、決勝点につながった試合でした。

梁が怪我から復帰しつつあるようですが、やはり怪我人が多い事はチームとしての総合力で劣って来ます。そんな中藤村の成長に目を見張るものがあります。前節柏戦でツーアシストしたあたりから、自信をつけたプレーぶりが伝わってきます。渡辺監督の評価も高いです。

試合後の渡辺監督のインタビュー

http://www.vegalta.co.jp/leagues/post-37.html

次回はサンフレッチェ広島戦です。この試合で夏の連戦も一旦お休みです。そして課題となっている上位チームの戦いです。ホームでの勝利に期待します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =