J12ndステージ第8節ベガルタ仙台VS柏レイソル レポート 夏のホームで2連勝!!

J1セカンドステージ第8節ベガルタ仙台はホームユアスタに柏レイソルを4-2で破り、2連勝となりました。ここ5試合で4勝1分けという成績でファーストステージ4連勝してセカンドステージに続く4連敗の後で勝敗の波が続いていますので、このまま勢いをキープしていきたいところです。順位的にも完全に降格圏からは離れ、目標の年間総合順位5位を狙える9位としています。

ここ最近、いわゆるシーズン中盤で真夏の試合は、どのチームも難しくなりますが、勝負強いなり試合運びも強かになってきて心強い限りです。

今節は前半に得点出来たことが勝敗を分けました。攻撃陣がしっかり仕事をしました。前半15分藤村からのコーナーキックをハモンロペスが頭で合わせ、同19分昨年までベガルタ仙台に在籍していた鎌田のパスミスを藤村からがカットしてウィルソンが落ち着いて決めました。その後追いつかれますが、PKをハモンロペスを落ち着いて決め、駄目押しはオウンゴールでした。怪我人が多く出る中でベンチメンバーにも多くのチャンスが回ってきています。藤村と途中交代の茂木はそのチャンスをものにしており、今後の活躍が楽しみです。個人的には、パブロの活躍をもっと見たいです。チーム全体の総力戦で奪い取った素晴らしい勝利です。渡辺監督の意図がチームに浸透し、うまく機能しており、采配がぴったりはまっています。

8月は残りアウェイで大宮アルディージャ戦とホームでサンフレッチェ広島戦です。特に上位チームでここ最近完敗しているサンフレッチェ広島戦はどんな戦いになるのか今から注目です。

次節大宮は家から近いので、Nack5スタジアムで観戦して、応援してきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − three =