若すぎる死

先日友人でもあり上司でもあった同じ歳の大切な人が天国に旅立ちました。若くして仕事でも業績を伸ばし、子宝にも恵まれ絵に描いたような成功を手に収めていてました。いつでも元気一杯だっので、未だに信じられません。

絶句というのは正にこの事を言うのでしょう。

一緒に過ごした時間や思い出が蘇り、今でも信じられません。一番思い出されるののは結婚しようとしていた当時の彼女と別れた時にたまたま飲みに行った時です。その時初めて人前で涙しました。それ機に彼の元で働こうと決意したことをよく覚えています。

とにかく器が大きく会った人をすぐ魅了してしまう本当に魅力的な”人”でした。あまりの衝撃的な出来事にまだ言葉を失っています。ご冥福をお祈りします。合掌。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − five =