仕事を楽しむ7つの方法

先日の投稿が誰の為よりも自分の為になりましたので、誰が言っていることや本に書いてあった事ではなく、自分で考えている仕事が楽しくなる方法をまとめます。

1.心身共に健康であること。

アチーブメントの青木社長も言っていましたが、「ベストコンディションはプロの基本」です。頭が冴えていなければ、良いアイデアも出ません。心の健康である気持ちも大事です。

2.読書すること

読書とは、著者との対話であり自分自身との対話でもあります。良い本は自分の中のある深い部分の発見や気づきがあるので、成長します。

3.結果を出す事

どんな言葉をかけるより、自信に繋がる時ぐあります。サッカー選手なら、得点する事であって、営業なら契約を受注してくるです。結果が全てではありませんが、結果出る事が何より楽しい

4.人間関係をよくする事

人間1人では仕事出来ません。上司、部活、取引先、お客様、関わる人全てがいるからこそ仕事出来ています。1人1人に感謝する事が人間関係を良くします。

5.仕事とは別で仕事のことを考える時間を作る事

仕事の前、途中、後でもいいです。どんなことを創り出すのかを考えることです。これだけを意識するだけでも、全然違うものになります。

6.給与以外の喜びを見つける。なければ、生み出す事。

仕事の喜びが給与だけになってしまう時は、楽しく働いていません。仕事にはそれ以外にも、人それぞれ喜びがあります。今の私にとっては、時間もクオリティもイメージ通りに仕事を進めていくことで、これをゲームにしています。

7.どうしても楽しめない時はそれを良しとしてOK!転職してもいいですし、愚痴を言ってもOKです。そういった出口も必要ですし、そこでリラックスして、心機一転楽しめるならそれもありです。人間いつも楽しくなんては、非現実的です。

どうでしょう?私自身のものですが、これからまた変わっていくでしょう。自分の価値観を言語化するのは楽しい作業です。仕事を楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + one =