2018年ベガルタ仙台から日本代表選手を輩出できるか。

タイトルの通りベガルタ仙台を応援する1人として、是非ベガルタ仙台から日本代表が選出されて欲しいと常々感じていました。2018年ロシアワールドカップイヤーでるあるからこそ、なおさらです。偏って的外れな意見かもしれませんが、考えて見ました。

日本代表に必要なこと

まず日本代表に選ばれる為には、当たり前ですが所属のクラブチームで圧倒的な活躍が必須になります。そして最終的な決裁者であり責任者であるハリルホジッチ監督が選ばれる為に、ハリルホジッチ監督がどんな監督なのかを知る必要があります。

ハリルホジッチ監督がどんな監督なのか

ハリルホジッチ監督は、ご存知の通り、過去の実績やチームへの貢献度という名目では一切選びません。冷徹にいま現在活躍出来ているのか、トップコンディションなのかをシビアに見て、選手をピックアップしています。状態がよくない選手はもちろんですが、ミスをした選手なども容赦なく招集外とします。
本田選手が事例は大きな話題になりました。そして、私がこの事を強く感じたのは、2016年の最終予選ではスタメンGKだった西川選手を、2017年浦和レッズで失点やミスを重ね、不調だった時には第2、第3GKとしても、声をかけませんでした。

日本代表という日本サッカーの頂点のチームですから、その時最高の選手を集めることは当然といえば、当然の事なのですが、歴史をみてもジーコ監督やザッケローニ監督を含め、なかなか出来ず、いつも試合に負けると原因の矛先になるほどでした。ハリルホジッチ監督は、いとも簡単にそれを当然の如く行います。

そしてデュエルと言われる「球際の強さ」を戦い方を求めています。

そんな状況の中で可能性がある選手は…

現実問題として、かなり厳しいとは認識しています。が、下記の前提条件があれば、可能性があります。

それは

個人だけではなくチームの成績も良いこと

個人が活躍は当然。プラス、チームが活躍しており、出来ればJ1で3位。最低でも5位です。

TOP5に入っていればですが・・・

西村選手永戸選手にはもしかしたら、サプライズがあるかもしれません。特に西村選手の攻撃的なポジションは決定力さえ見せつければ、分かりやすい指標になるので…

ちなみにチームの成績がよくないと書いた理由は、やっぱりチームが勝って順位が上にないと、注目されないからです。2016年シーズンJ2だったセレッソ大阪から山口蛍選手は過去にも招集され、日本代表に定着していたからで、ベガルタ仙台のようななかなか日本代表クラスの選手がいない中堅クラブから日本代表選手を輩出となると、やはりチームの成績も必要と考えています。

どうでしょう。開幕して2,3ヶ月経過した最終選考が行われる2018年5月ごろ、連勝に連勝を重ねていれば・・・名前だけではないその時にパフォーマンスで選考するハリルホジッチ監督だからこそ。というかそれも含めてかなりの大穴で可能性は低いですが、密かに楽しみにしています。

※全く実現されることはありませんでした。そもそもハリルホジッチ監督も首になってしまい、ベガルタ仙台の順位も開幕スタートダッシュはよかったものの、その後の勢いはなくなってしまいました。大変失礼致しました。
近い未来で可能性があるのはU-21日本代表に選出されている椎橋選手と板倉選手です。彼らも含めて首をなが~くして待っていたいと思います。

ベガルタ仙台のチャント(応援歌)を歌詞付き動画でお届け!ユアスタにいく前にチェックしよう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 20 =