Jリーグ第13節 ベルマーレ平塚VS ベガルタ仙台 プレビュー

5月21日土曜日第13節はアウェイのナイター戦で、相手は最下位ベルマーレ平塚です。連勝を流した前節大宮戦で勝敗を分けたのは決定力でした。大宮シュート8本に対して、仙台10本と決めきれない中で家長のボレーシュートで1点取られて負けてしまいました。

今のチームにとって必要なのは攻撃陣のハモンロペス、ウィルソン、野沢らが得点して勝利することでしょう。

その為に必要なことは何でしょうか。

まずは球際を激しくする事です。仙台が調子が良い時は必ず出来ています。

そしてパスの精度を高める事です。守備でボールを奪った後雑になりがちです。拾った後に冨田、三田に繋いでいくことで、ボールを取り返される確率が減ります。

最後に攻撃です。「決めなければいけない」「勝たなければいけない」というプレッシャーはある程度必要ですが、ここまで続くとチームから自由さを奪います。今のチームには失敗してもいいから、負けてもいいからシュートて終われ、思いっきりプレーしてこいってぐらいの方がいいプレー出来るでしょう。

最下位ベルマーレには既に降格というプレッシャーがあります。その焦りをついてこの試合の勝利を掴むことを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 7 =