2017J1第31節ガンバ大阪VSベガルタ仙台試合後レポート

2017年10月29日ベガルタ仙台はアウェイでガンバ大阪と対戦し、1-1で引き分けました。得点自体は1-1ですが、内容としては試合を通してお互い攻め合い戦い抜いた上でのこの点差だったように思います。

前半ベガルタ仙台は選手間通しの距離感も良く、ボールが握っていました。が、セットプレー1発で失点してしまいます。マークはついていましたが、長沢の高さが一歩上回っていました。その後すぐに、左サイドから丁寧に繋いで奥埜が綺麗なミドルシュートを決めます。後半に入ると、ガンバ大阪がペースに。ピッチを自由に動き回る遠藤を中心に両サイドを広く使い、決定機を何度も作られてしまいますが、ポストに救われ失点を逃れます。そして決定機のワンテンポ前の攻撃を大岩がこれでもかと防ぎきってくれました。シーズン終盤になってきて、大岩の守備能力が更に開花してきたようです。相手のフォワードがゴールに背を向けてボールをトラップしたとき、振り向こうとしたその瞬間に本当にタイミング良くボールを奪います。大岩のブロックがなければ、失点していた可能性はかなり高いと思わせてくれるほど、良い守備をしていました。

後半久しぶりに右サイドの菅井が交代で入り、数少ない決定機がありましたが、決め切れませんでした。勝てた試合と言いたいところでしたが、ベテラン遠藤と若手の井手口がバランスよく試合運びをするガンバ大阪の後半の攻撃を0に防ぎきったといういったという試合で、その点は十分に評価できると思います。

勝ちきれない試合が続いていますが、アウェイのガンバ大阪相手に勝ち点1はそう悪くない結果です。次節はホームで大宮アルディージャ戦です。降格争いの中で相手のモチベーションが高い中でどんな試合を見せてくれるのか。渡辺監督の試合運びに注目したいと思います。

なぜ関東在住でもベガルタ仙台を応援するのか。ベガルタ仙台の7つの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =