2017 J1第22節 ベガルタ仙台VSサンフレッチェ広島戦 速報 やったぜ8試合ぶりの勝点3

2017年8月13日ベガルタ仙台はサンフレッチェ広島と対戦し、1-0で8試合ぶりに勝利しました。
前半からチーム全体で攻撃に守備に勝利しようという意図が伝わってくる見ていて楽しい試合でした。実際、前半15分頃には普段と違う、今日は勝利するなと感じさせられました。実際ミスは変わらずあったものの、積極的にプレーした後のミスで、最近あったミスを恐れてミスをするというようなプレーがありませんでした。

攻撃のバリエーションも多くなり、クロスボールも増えました。相手のゴール前でもシュートが多くなり、そんな中でのこぼれ球を奥埜が冷静に決めてくれました。

そしてなんといっても、昨日はユアスタのサポーターが素晴らしく、最高の雰囲気をつくってくれました。最後サンフレッチェ広島のパワープレイにひやひやしましたが、なんとか守り切るという空気感に助けらました。DAZN越しですが、サポーターの力を改めて感じた試合でした。

誤審で有名な主審池内明彦氏ですが、この試合はその過去の嫌な記憶(2016年ユアスタホームでのベガルタ仙台VSサガン鳥栖戦)を忘れるほどの存在感の無さで気になることなく試合をさばいてくれました。

次節はアウェイで最下位アルビレックス新潟です。連勝に期待します。

なぜベガルタ仙台を応援するか。ベガルタ仙台の7つの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − six =