J1第12節 ベガルタ仙台VS大宮アルディージャ 速報

J1の戦いでは相性の良い大宮アルディージャに手痛いホームでの敗北でした。こういうホームでの試合を勝ちきれない、前節で勝利している流れを活かせないということが、やはり下位チームになってしまうのだと思います。ホームで勝ち点1も獲得できないのは、後々に響いてきます。

この試合の勝敗を分けたのは決定力でした。攻撃陣が仕事していないこと。これに尽きると思います。今シーズン12試合終わって、ウイルソンPKの1点、ハモンロペス1点、野沢1点、金園は怪我です。チーム最多得点は2点のボランチ三田とセンターバックの渡辺です。このフォワード陣が仕事していない限り、チームがバランス良く機能していかないでしょう。逆に言えば、攻撃陣が仕事し始めるだけで大きい変化になります。特にウィルソンでしょう。

次はアウェイ湘南ベルマーレ戦、ホームアルビレックス新潟戦と続きます。攻撃陣のゴールで勝利することを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 8 =