家ってどうするの?持ち家と賃貸はどっちが良いの?

結婚してからどうやって住むかに悩んでいる

今までずっと持ち家はあまり必要ないんじゃないかと思って生きてきました。特に結婚するまでは…色々な所に住んでみたいし、ローンに縛られたくないし。そもそも持ち家を買ったら、一生そこに住むのもイメージ出来ないし…
2~3年毎にいろんなエリアで暮らしてみるのが理想です。茅ヶ崎、京都、宮崎、北海道、石垣島、ベルリン、シドニーなど。世界のいろんなとこに住んで、いろいろな人や文化に出会い、様々なことを感じながら、生きてみたいというのが夢です。

結婚してから妻のマイホーム願望強すぎる

そんな夢を妻に何気なく語ったところ、「現実感なさすぎ」と怒り狂う始末で、終いには「ファンタジー野郎」といわれた次第です。しかし我が妻がこんなにもマイホーム願望が強いとは思わなかった…家=安定や拠り所と考えているよう。

現在の状況

36歳 0歳の娘と妻の3人暮らしで埼玉在住
夫は正社員
妻はパート
子供はあと1人授かる予定。
現在の家賃73,000円。

僕が住みたい家の相場と金利

どこに住みたいか考えてパッと出てくるのが茅ヶ崎なので、茅ヶ崎で計算します。

(坪単価60万×40坪+家代2,000万)+金利0.04%=46,680,000円

※金利価格コムで最安値参照
坪単価参照(結構安めのエリア)

おそらくこれに諸々の諸経費がプラスされるのでしょう。ちょっと相場より高めの家ですね。

賃貸に住んだ場合の料金

35年住み続けた場合
茅ヶ崎2LDKの相場8.6万円(Home’s参照)
家賃月8.6万円×12カ月×35年=36,120,000円

結局どっち?

ただ、単純計算すると持っていたほうが得という気がしますが、なんだか腑に落ちない。人生100年と言われる時代において、一箇所に住み続ける人生よりかはいろんなところに住んでみたい。

いずれにしても結婚するまで住宅ということは真剣に考えてこなかったので、これから真剣に考えていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − three =