2017J1第11節 アルディージャ大宮VSベガルタ仙台 速報

5月14日第11節ベガルタ仙台はアウェイでアルディージャ大宮と戦い、1-2で敗れました。今シーズンの負けの中で個人的に1番悔しい試合となりました。しかしながら、失点した後のNACK5スタジアムの雰囲気が一変したのは改めてサッカーの数字だけではない、その場の空気感みたいなものの面白さや恐ろしさを改めて体験しました。若い瀬川などがボールをしつこくボールを追って、マイボールやコーナーキックをする度に大宮サポーターがスタジアムの雰囲気をつくっていきました。その雰囲気がアルディージャをより積極的にし、ベガルタ仙台から冷静さを奪っていきました。

1番負けてはいけない相手に、しかも精神的にダメージの大き痛恨の逆転負けでした。ベガルタ仙台の次のステージに必要なのはパスの質でしょう。中盤をボールをまわす時に、後ろからプレッシャーがかかってくると取られまいと雑になります。サイドの蜂須賀や永戸に展開する際もワンタッチでセンタリングできるボールではなく、1度トラップするぐらい早いボールや届かないボールがあって、ワンテンポ攻撃が遅れてしまっていました。

悔やまれるのは後半80分前後の右からのフリーキックで、後ろに増嶋がフリーで待っていたのを蜂須賀が頭で辛うじて当てたものの、あさっての方向にいってしまった場面でした。ゴールキーパー塩田は飛び出しており、枠内に飛べば間違いなく1点でした。増嶋が悔しそうにしているのが、印象的でした。

アルディージャ大宮に自信を与えてしまうような敗北となりました。次節はアウェイの連戦で横浜Fマリノス戦です。頼みの助っ人クリスランも累積で出場提出です。攻撃でなかなか崩せない上にクリスランがいないとなると、セットプレーでしょうか。しっかり得点パターンを練習して次節の勝利に期待します。

※大前の2失点目ですが、中盤でボールを奪われたのも残念でしたが、それより戻り遅れた三田が最終ラインに残っていた事によって、オフサイドトラップが失敗した事が何よりも残念でなりませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + eight =