2017 J1第10節 ベガルタ仙台VSFC東京 速報

2017年5月7日。ゴールデンウィークの最終日の試合にベガルタ仙台はFC東京と戦い、0-2で敗れました。全体を通してボールを握りながらも、セットプレーからの2失点となり、非常に悔しい試合となりました。



試合開始からホームユアスタで勝とうという意図が伝わってきました。特に梁勇基は全力疾走でボールを追いかけて、チームを引っ張っていこうという姿が背中から伝わってきました。

FC東京が4バックだからなのか、今節はディフェンスと中盤の間でボールがおさまりました。特に永戸の左サイドにはスペースがあり、惜しいクロスが数本以上上がりました。後半FC東京は左サイドのクロス対策に足の早い永井を投入し、前半のように永戸はクロスを上がられませんでした。

クリスランをトップに石原と梁勇基がシャドーで良い形や連携が出来ており、後半に逆転の勢いを感じていただけに2点目のミスからの失点は本当に手痛いものとなりました。

4月と比較して、攻守ともに全体的に良くなってきました。この試合で足りなかったのは決定力でした。少ないチャンスをものにした大久保とチャンスはたくさんありましたが、ベガルタ仙台。そこに試合を決めた要因がありました。

次節はアウェイでアルディージャ大宮です。昨シーズン5位だったチームですが、今シーズンは1勝1分の最下位と低迷しています。叩くならこのチームしかいっても良い状況です。”決定力”のあるベガルタ仙台で勝利を期待しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 14 =