山形ラーメンとは・・・!ラーメンを愛する山形県民!人口に対してのラーメン店舗数が日本一

何がラーメン日本一というと、妻の実家がある山形県は人口1人あたりに対してラーメン店舗数が1番多い都道府県なのです。

確かに誰と話してもラーメンの話になると、目が輝き出します。老若男女問わずみんな好きで、ご馳走だそうです。そして面白いのが地域ごとにラーメンのスープ、麺や特色が違っていることです。福岡といえば博多とんこつラーメン、北海道といえば札幌味噌ラーメンみたいなものがないんです。例えば、県南部の置賜地方だけでも南陽市の辛味噌ラーメンと米沢市の醤油ラーメンがあります。他にも新庄市の鶏もつラーメンに、長井市の馬肉ラーメンなどなど他にも豊富な種類があります。

置賜地方のラーメン

山形県南陽市

ゴールデンウィークに妻の実家に帰り、妻が絶賛する南陽市民の熱愛グルメ龍上海”の辛味噌ラーメンを食べてきました。休日は1時間待ちなどザラだそうです。私も久しぶりに行列に1時間並びました。

”龍上海”辛味噌ラーメン

1番人気の辛味噌ラーメンです。辛味噌を自分で混ぜて食べます。辛さがいい感じです。本店の目の前にある自社工場で麺もつくっているのて、麺ももちもち美味しいです。ちなみに上の写真は本店のものです。翌日凝りもせず宮内店の龍上海に行きました。

宮内店のラーメン

今回は辛味噌ラーメンではなく普通のラーメンを宮内店で注文しました。こちらも美味しいですが本店のほうが好きです。こちらの店主は挨拶もあまりしないので、いくなら本店に行きましょう!

山形県米沢市

ひらまの醤油ラーメン

これは米沢ラーメンで、昭和の醤油ラーメンといった感じでこちらも美味しいです。お店の名前は”ひらま”というお店です。

村山地方のラーメン

山形ラーメン(山形市)

栄屋本店の冷やしラーメン

山形駅から徒歩15分程の位置にある栄屋本店の冷やしラーメンです。冷やし中華とも違うのですが、盆地で意外と暑い山形の夏に涼を感じられる美味しいラーメンです。ごま油がほんのり香るバランスが◎

同じ県内で地域ごとにラーメンの味が違うなんて、ラーメンを通して文化や歴史を感じます。次回は近くの喜多方ラーメンや他のラーメンを食べに行きます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =