Jリーグ第11節 ベガルタ仙台VSアビスパ福岡 プレビュー

本日のベガルタ仙台の対戦相手は順位表で唯一下位にいる最下位アビスパ福岡です。勝点8で4チームが並んでいるので、お互いに勝てば降格圏を脱出できる可能性がある為、共に負けられない激しい試合になりそうです。

ベガルタ仙台にとっては、好材料が揃っているように思います。まずはホームユアスタで行われる試合ということです。鳥栖戦の時もそうでしたが、九州から日本を縦断し、東北仙台まで来た鳥栖サポーターは確か400人前後だと記憶していますが、今節の福岡サポーターも同じようにそんなに多くの数も来ないと見込んでいます。完全ホームで試合出来るのは有利に進められるでしょう。また、先日のアウェイ川崎フロンターレ戦で得た勝点1はそれ以上の収穫があったように思います。特に後半はベガルタが主導で試合を進めており、決定機も数回演出していました。

今節のポイントを攻撃と守備でまとめてみました。攻撃面では前節の試合は、ラインを高く保ち、むやみにボールを蹴りだすことをせず、しっかりボールを繋ぐことをしっかり出来ていました。この部分はしっかり継続していってもらいたいです。クロスの精度・パスの精度が正確になれば(前節は風の影響もありましたが・・・)、前節よりも決定機が増えてくるでしょう。キープレーヤーは野沢です。チーム一の正確無比なシュートとパス、そしてスタジアム中に驚きの完成が湧き上がるようなプレーを期待しています。

守備面に関しては、わずかの隙をつかれて失点が続いています。得点した後、試合の始まり5分と終わり5分などに失点が多いように思います。この時間帯を声を掛け合って、隙を作らないようにして行く必要があります。そして仮に失点してしまっても、その後に冷静に対処していくことが重要です。1番避けたいのは、浦和戦や大阪戦のように、立て続けに失点しまい、試合を決められてしまうことです。渡辺、冨田を中心に連携して90分間守り続けることを期待しています。

そしてチームにとっても、本人にとっても、ファンにとってウィルソンが10試合でPKの1ゴールのみというのは気がかりです。本人が1番が分かっていることでしょうが、この人が仕事しない限り、仙台浮上はあり得ないと言っても過言ではないでしょう。こんな時だからこそウィルソンのゴールはどんなことよりも活力になります。

今節からホーム2連戦です。まずはしっかり今日勝点3を期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − thirteen =