2017年J1 第2節 ジュビロ磐田VSベガルタ仙台 速報 開幕2連勝

開幕2連勝

J1第2節ベガルタ仙台はアウェイでジュビロ磐田と戦い、0-1で下しました。開幕2連勝と幸先良いスタートとなりました。

この試合ではシステム云々よりも選手1人ひとりが一対一の局面で本当に粘り強く戦っていました。ボールを取られた後の相手サイドでの守備を石原、奥埜、梁勇基を中心に出来ていました。そんなに激しく守備をしないハモンロペスが前線にいた昨シーズンとは大きく変わりました。

前半

前半は予想通り地の利を活かしてジュビロ磐田が積極的に攻めてきました。パスを回すベガルタ仙台のサッカーとは対照的にキーパーのカミンスキーからのリスタート時も1本のパスで前線まで放り込んできます。ペースを握られ、苦しい時間が続きます。特にコーナーキックが前半だけで4,5本ありましたが、中村俊輔が変化をつけて蹴ってきましたがポストにも救われよく守りました。

後半

逆に後半は守備から入るようにディフェンスラインを低く保ち、相手にボールを持たせるようなスタイルが上手くいき、ボールを握ります。ボールを持ったら、徹底して逆サイドに展開していく中で、決定機を産み出してきました。そんな良いリズムの中から、セットプレーから奥埜が狙いすましたシュートが決まり、先制点を得ます。

ジュビロ磐田は捨て身の全員攻撃で残り時間を攻めてきますが、守りきりました。むしろ得点後の時間帯のチームとして集中力が高く、油断は感じられませんでした。本当に辛抱強く戦った事が機能して、勝利に繋がりました。

キープレイヤー達

ここ2試合皆素晴らしいですが、特に良いのが石原と三田です。石原はマークを受けていても常に落ち着きがあり、ボールを奪われず安定しています。ボールの貰い方も非常に上手く、相手とボールの間に自分が立っているという基本に忠実です。ボールを奪われてからの守備も積極的にするし、局面局面での必要とされる動きが出来ているように思います。実際、得点を奪った奥埜へのアシストも視野の広さも際立っていましたし、パスのスピード、位置もあそこしかないというお膳立てでした。このままだと石原が怪我でもしない限り、ワントップのスタメンは石原で確定でしょう。そんな風に感じさせるくらい上出来です。

そしてもう1人三田です。90分走りきるスタミナがあり、ボールも奪い取る力も優れていて、ベガルタ仙台の攻撃を組み立てる攻守の要へと成長しました。正確な左足でこの試合でもゴールを奪うセットプレーを蹴りました。年齢的に今年27歳ということで、このままベガルタ仙台が勝ち続けて5位以上に居続ける事が出来たら、日本代表の可能性もあると思います。ベガルタ仙台で唯一の選手ですが、1番代表に近い選手です。

第3節は3.11@仙台

次節は3月11日にホームで神戸戦です。仙台を含む東北の人たちに復興のシンボルとして勝利をプレゼントして欲しいです。常勝チームではないので、連勝慣れしていませんが、ハングリーさを失わずに2連勝を過去のものとして戦う事に期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 14 =