Jリーグ第10節 川崎フロンターレVSベガルタ仙台

昨日の試合は、好調な川崎フロンターレ相手にアウェイの試合でした。渡辺監督は前節の試合の流れを断ち切り、冷静に川崎フロンターレ対策をしてきたように思います。結果1-1の引き分けでしたが、今のベガルタ仙台にとっては、次に繋がる収穫のある試合になり、引き分け以上の試合になりました。それは試合後の両チームの選手の表情をみても明らかでした。川崎フロンターレはプレビューにも書いた通り、勝って首位奪取すると意気込んでいたでしょう。そこに隙が生まれると読んでいましたが、予想通りをそこをつけたと思います。

試合を振り返っていきましょう。昨日は風がとても強く、フリーキックの際には、ボールが勝手に転がっていってしまう程で、仙台は前半が風上のサイドでした。立ち上がりから、川崎がボールキープしていましたが高い位置をキープし、組織的に守れていました。守備でボールを奪ってから、最近の試合でよくあった闇雲に前線にボールを蹴りだすことはせず、落ち着いてボールを回してリズムを整えていた事がよく出来ていました。オフサイドでしたが2度ゴールネットが揺らされる程前半は川崎の攻撃に苦しめられますが、それ以外は決定機を作らせず0-0での前半折り返しました。

後半川崎はフォーメーションを変えてきましたが、仙台のペースで進んでいきました。ハモンロペスの右足のシュート、金久保のシュートなどの決定機を作る中でゴールが生まれました。梁勇基からの立てパスをハモンロペスが落として、野沢のクロスを冨田が頭で合わせて先制ゴール。その後直ぐに同点ゴールを奪われて直ぐに降り出しに戻すあたりは、さすが川崎フロンターレでした。深く切り込んでくる大島に誰も行けず、クロスと見せかけてそのままシュート。一瞬何が起こったかわからないほど、技ありのシュートでした。その後野沢に変わりウィルソンを入れますが、勝ち越しゴールを奪えず試合終了の笛。

試合を通して前節のシュート3本に対して、今節は12本のデータが示す通り、攻撃の場面でシュートで終わらす事が出来て、不要のカウンターを受けずに済んだ事、相手のゴールキックから試合を再開する事が、本当に大きかったです。

ウィルソンを投入する際は、個人的には攻撃のアクセントになっていた野沢ではなくハモンロペスと変えて欲しかったです。交代の時の野沢の悔しそうな表情が印象的でした。そしてテレビで観戦した限りですが、仙台サポーターの声がフロンターレサポーターよりも多く聞こえてきたので、いい雰囲気で進められたのではと思います。

次はホームユアスタでのアビスパ福岡戦です。同じ下位チームとのホームでの戦い、掴んだ流れを勝利に繋げなければという点を考えると、負けられないというプレッシャーである意味、今節のフロンターレ戦よりも難しい試合になる可能性もあると考えています。連敗を止めた神戸で掴んだ流れを活かせず、鳥栖戦では痛い敗戦をしました。今シーズン2位にいる川崎フロンターレ相手にいい試合をして流れを掴みました。全部を踏まえ、次回こそはこのチャンスを活かして欲しいと願っています。そろそろウィルソンにも目を覚ましてもらいたいところです。Forza!Sendai!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − five =