成果をあげる営業マンの在り方:売れる人と売れない人の違い

バリバリの営業会社に約10年経験してみてきて感じていることをまとめました。

これにプラスすると、こだわりが強くて、癖のある人が多かった。こうすればうまくいくという必勝パターンを持っていた。

営業サポート部署にいて裏方にいた経験もあるので、いろんなパターンをみてきましたが、結構嘘をついたり、自分で商材の1部を負担してまで売ってくる人が意外といました。営業マンは常に数字のプレッシャーがのしかかっているので、予算達成が続いている人ほど、見栄から嘘ついちゃうケースが多かったです。

生産性は営業マンに限らず、どんな仕事についていたとしても重要な指標ですよね。

最終的に私の持論としては、ここです。営業成績が悪くても、辛くても継続する人が「能力が上がっていく」です。営業力が強くなります。だから、なまじ能力がある人より、最初はうまくいかないけど、継続して努力する人のほうが営業として人としても営業成績も輝いていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + twenty =