忙しさの問題は仕事や家事の環境じゃなくて心が原因の内的要因だった。自分と向き合う時間の大切さ!

引越しをしたり子供が産まれたりする事によって、外側の環境が変わってやる事が増え、心も身体も疲れ切ってしまう事ってありませんか⁉︎

今までとは違う人間関係に戸惑ったり、ローカルの食事が合わなかったりなどありますよね。そもそもタイトルにもある通り仕事が忙しかったり。

そんな時に覚えておきたいのが、「全てを完璧にこなすのをやめる」という事です。

例えば、節約の為に外食をしないと決めている日でも、疲れている時は外食するとか。仕事での資料作成も80点てOKとする事です。

自分と客観視したり、向き合ったりする時間が出来るので、心に余裕が持てますよ。

だいたいそういう時は長くは続かないですし、ちょっと休むと経験上更にパワーアップ出来ます。

そんな事をしている時に、ラジオから流れてくるこの曲に涙が止まらなくなりました。

「仕事に残業が多いってだけで、世界一不幸者」という悲劇のストーリーに浸っている小さい自分がアホらしくなって…涙

もっと出来るんじゃないか⁉︎俺!そんなちっぽけなことで悩んでいた自分が情けなくて帰りの通勤電車の中でも涙が止まりません。

そう!人は自らの内面の可能性に触れると、パワーが湧いてくるんです。自分自身と向け合うことで人は強くなる。

これを読んでいて、つらいと思っている人がいたらチャンスです。次のステージはもうすぐですよ!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + one =