山菜の王様”こしあぶら”採りに行ってきて。こしあぶらは天ぷらで食べると最高に美味しい!

山菜の王様。そう、こしあぶらとは、山菜。東北に住んで山形に行くまで全く知らなかったが、小ぶりで少し苦味のあってさっぱりとした味で1発で大好きになった春の味です。

ちなみにこんな風貌のやつです。

こしあぶら

こしあぶら

そしてこれは何と言っても天ぷらにして食すのが最高に美味い。苦味とさっぱりとした味が天ぷらの衣とぴったりでいくらでもいける。

天ぷらのこしあぶらがこれ

こしあぶらの天ぷらバージョン

こしあぶらの天ぷらバージョン

こんなに美味しいものを30年以上生きていて知らなかった…去年営業先の山形県寒河江市で初めて知った。ちなみにその時駅前の道の駅で写真と同じ量の束が120円前後だったのが、仙台のデパートに行くと平気で500円ぐらいする高級品に生まれ変わります。

Amazonでも販売しています。こしあぶらは収穫出来る時期が限られているので、販売も4月28日からになっています。(恐らく期間は2~3週間です)

このこしあぶらのベストシーズンはもちろん春で山形県だと、4月下旬から5月下旬までが旬だそうです。正にこの時期(今日は5月2日)が食べごろ。食いしん坊の私はこのゴールデンウィークに合わせて⁉︎、明日から第2の実家の山形に帰省します。山形でたんまりあるそうなので、思いっきり食べてきます。実際に山に取りに行く機会があれば、取りにも行こう!

追記

タイミングが合ったので、こしあぶらが自生する山を所有している義父に連れて貰いました。普通の木との違いを見分けることが難しいですが、沢山採れました。

こしあぶら

こしあぶら

収穫した山菜たち

収穫した山菜たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + fifteen =