J12ndステージ第16節 FC東京VSベガルタ仙台 速報 攻撃に違いつけれず勝点0

J1セカンドステージ第16節ベガルタ仙台はアウェイでFC東京と戦い、0-1で敗れました。順位表でも同じ真ん中にいるFC東京の守備を崩せませんでした。

前半開始早々に左サイドをテンポ良く細かく繫がれ中島に深く切り込まれ、失点してしまいます。その後は関のファインセーブも有り、失点しませんでしたが、今節は攻撃に違いをつくれずFC東京の守備陣に完敗しました。

特にハモンロペスには日本代表丸山がしっかりついて、足元でボールをもらう瞬間には背後にしっかりマークがついており、前を向いてボールをもたせてくれない程抑え込まれていました。復活した野沢に関しても珍しくパスミスが多く、後半早々に金久保と交代しました。

しっかり抑え込まれている中でカウンターのチャンスもありましたが、足元へのパスが多く、スピードが有りませんでした。

唯一可能性を感じたのが、セットプレーです。野沢と梁勇基からの正確なキックには相手守備陣は苦戦していました。後半ギリギリのところでオフサイドにはなりましたが…

次節はジュビロ磐田との最終戦です。降格争い真っ只中にいるので、気迫のあるプレーで望んでくる厳しい試合となるでしょう。ファーストステージのアウェイ戦も完敗しているだけにリベンジしてもらいたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 19 =