外資系や英語に強いJacRecruitmentでの転職で年収が2割上がった時の体験談

こんにちは。僕は人生で2度転職しております。初めての就職の時、1度目の転職は人の紹介でしたが、2度目の転職は転職エージェントを活用して、転職しました。
2018年のいま、空前の売り手市場ということもあり、転職を考えている人も多いと思うので、体験談を共有します。

ちなみにその時の個人的な経験や状況は簡単にまとめているとこんな感じです。

独身男性30代
マネージメント経験有り
法人営業経験5年
TOEIC805点

仕事で悩み苦しんでいた時の話

僕が転職を考えはじめたきっかけは不利な条件での転勤でした。どんな条件かというと不動産費用を自費負担です。不動産費用の初期費用なので、20万から30万ぐらいかかります。この転勤辞令が2年連続出た時に、もう転職しようと決意しました。いちよう不動産費用という名目で、役職があがるので、基本給が月2〜3万上がります。ただ、四半期で査定があり、最短3ヶ月で給与も元に戻ります。周りをみても結構こういうメンバーが多く、半数以上が経験しています。
また営業職として課される予算(ノルマ)が高いため、必要無いって思っているクライアントにも多少無理やりでも売らなければいけない場面が多くあった事も原因です。
当然上司からのプレッシャーも凄まじく、失注したことが原因で、出先からの電話で30分以上罵られたこともあります。延々と繰り返されるテレアポにも、嫌気がさしていました。

新たな出会いがあり、移動が多く、営業職を楽しめている自分もいたのも事実ですが、この先の人生に不安を感じて、転職する事にしました。



そもそもの悩みの原因は・・・

長い間転職するかしないか色々と悩み、葛藤してきましたが、転職したことは正解だったと確信しています。やっぱりその時自分が感じた不安って正しいんですよ。実際その転職前の会社は縮小しています。
21時という強制退社時間という制度が設けられており、実質毎日3時間の残業があった事も嫌でした。

あなたがどんな努力しても上司とのうまくいかない場合や営業としての結果が出ないって事があるんですよね。職場な雰囲気に合わない場合やそもそも結果に対して正当な評価されない職場ってあります。1社目の本社勤務がそうでした。女性ばかりの陰湿な人間関係の職場で通勤時間が片道90分という環境で苦しんで、突発性難聴という病気になって退職した経験もしましたから。

ポイントは今の会社が全てって事はありません。そしてその会社でうまくいっていない原因全てがこれを読んでいる貴方にある訳でもないんです。環境に問題があるケースもあるので、環境を変える選択肢を持っていてほしいんです。

人生を変えるための転職

その時の僕にとって環境を変えるということは転職するという事でしたので、まず行動した事は転職エージェントである”Jac Recruitment”に登録して、仕事を紹介してもらう事でした。
転職すれば、嫌で理不尽な上司と合わなくなります。ふと過去を振り返った時になんであんな上司の為に悩み苦しんでいたんだろうって笑えるくらいになりますよ。
職場の環境を変えれば、楽しむ事が出来るかもしれないし、更に飛躍出来るかもしれない。今まで3社で働いてきましたが、会社には言葉に出来ないものも含めて多様の文化やルールがあります。そこにフィット出来るか出来ないかって、相性の問題も出てきます。
例えば、前職では挨拶を非常に重要視してました。体育会系の挨拶で、元気な声で挨拶することが無条件で良しという環境です。
が、転職後の職場では、挨拶に関してはあまり重きを置いておらず、挨拶しても反応ない時すら、あります。
挨拶は一例ですが、これが仕事の評価になってきとしたら、もっと色々な考え方がありますよね⁉︎

JacRecruitmentを活用した転職

日本全体的に労働者不足であり、売り手市場の今は、転職者にとって絶好のタイミングです。自分の経験やスペックと希望の職種を伝えれば、Jac Recruitmentの転職エージェントであるヘッドハンターが貴方に希望にマッチする職種を紹介してくれますよ。
Jac Recruitmentのの良いところは、エージェントのクオリティがしっかりしているんですよね。
以前、外資系の転職エージェントを使用した際は、期日までに面接の合否がもらえなかったり、1度パスした一次面接が突然、不合格になったりありましたから。
案件を紹介してもらってから、面接に行くか行かないかの選択権はありますので、今すぐの転職を考えていなくても、自分の現在地を把握する為に登録だけしておく事も可能です。

こんな人におすすめ

・英語を使った仕事への転職を考えている方
・外資系への転職を考えている方
・今の職場や業種に不安がある方
・仕事で充実感を得たい方
・上司との人間関係で悩んでいる方



実際に転職してみて・・・

私のケースではJac Recruitmentに登録してから、内定が出るまで1ヶ月強でした。紹介される案件も希望職種の外資系や英語を活用する魅力的な案件も非常に多くて、良かったです。
光系のバリバリの営業会社から、海外支店がある日系の上場企業への転職で年収も約20%アップしました。
そして何より残業時間が圧倒的に少なくなりました。前職では月平均60時間あったのが、今では月平均20時間ぐらいになりました。
アジアを中心に支店もあるので、ゆくゆくは海外で働くって事も今は視野に入れています。

Q&A

Q.なんで無料なの?
A.実際に転職した際に、あなたが入社した会社がJac Recruitmentに成功報酬として費用を負担する為、転職者には負担はありません。

いま転職をおすすめする理由・・・

転職で重要なのはタイミングです。ポストに空きがあって、適切な人材がいれば企業側は喉から手が出るくらい欲しいんです。逆にいくら素晴らしい実績があっても、ポストに空きがなければ企業側は募集すらかけませんからね。
更にはオリンピック需要、右肩上がりで増え続ける訪日旅行客の影響もあり、語学を武器に転職する方には良い環境です。
平たく言うと、今の職場市場を椅子取りゲームに例えるなら、10人の椅子を10人以下で争っているんです。だから、どの椅子に座るか選べるんです。しかし、この椅子が今後少なくなる可能性は大いにあります。
タイミングが重要なのはこういった理由からです。

最後に

今もし悩んでいるなら、まずは登録という小さなアクションを起こしましょう。そこには金銭的にも会社にバレるといったリスクは何もありません。小さな行動の積み重ねが大きな違いをつくりますよ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + four =