2017 J1第26節 FC東京VSベガルタ仙台 試合結果

ベガルタ仙台連勝出来ず・・・

2017年9月16日ベガルタ仙台はアウェイでFC東京と対戦し、0-1で敗れました。
苦手なFC東京との試合でしたが、中身は五分五分でどちらに転んでもおかしくない内容でした。事実、FC東京の得点はセットプレーからで、守備を崩された箇所はありませんでした。
FC東京はベガルタ仙台以上に最終ラインから繋いてボールをキープしますが、前線石原を先頭に積極的にプレスするベガルタ仙台を前にゴール前までは運べません。
ベガルタ仙台は前半までは渡辺監督の狙った通りの展開でした。ボールを持たせてはいるが、危険なエリアはがっつり固めて失点0で抑えて後半にかけるといういつものシナリオです。
ただ、この試合では得点を奪われた韓国代表のチャン・グンソクに守備でもしっかり抑えつけれてしまい、得点することが出来ませんでした。
残念なのは、クリスランが入った後も握るでパワープレイをせず、繋いでゴール前まで持ち込もうとするサッカーには正直勝利への執念が感じられませんでした。後半終了間際、GK林と味方の激突でプレーが中断してしまった点の運はホームチームに味方しました。

解説者としての秋田豊氏

話は変わりますが、daznのベガルタ仙台の解説者はホームゲームの際はほぼ平瀬さんですが、アウェイゲームの際はたまに元日本代表秋田さんが解説します。元日本代表のディフェンスの要だけあって、守備に関しての細かく厳しい目線での解説はさすがとうなるほど的確で、毎度新しい視点が得られます。
誰がマーク出来ていて出来ていないのか。
その点をこの試合は修正出来ているのか。
そういったひとつひとつのプレーが得点や失点の源になっていることや流れが変わる原因になったことを丁寧に説明してくれます。正直プレーヤーとしては丸裸にされてしまいますが、観る側としてはプレーヤーの質や長短が具体的にわかる有難い解説者です。



次節はアウェイでセレッソ大阪戦、その次は浦和レッズと上位チームと続きます。勝っても優勝には届かない、連敗しても降格はない。そんな中位のチームにとっては、手強い相手です。良い試合を期待します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 4 =