2017 J1 第25節 ベガルタ仙台VSサガン鳥栖 レポート

2017年9月10日ベガルタ仙台はサガン鳥栖と対戦し、4-1で勝利しました。
ルヴァンカップの勢いそのままに勝利したことは大きな勝ち点3です。
この試合何と言っても試合を決定づけたのは、石原の先制点です。ゴールキーパー権田への接触の判定は正直、微妙でしたが、昨年の鳥栖戦のミスジャッジもあったので、良しとしましょう(笑)
前半は鳥栖が組織的に守り、攻撃もワイドに使って内容のサッカーをしていましたが、わずかなチャンスを仕留めて、2-0で終わりました。
そして後半3点目が入った以降は今シーズン1番と言っても良い出来で、流れるような綺麗なサッカーで楽しませてくれました。
最後の失点が残念でしたが、充分でした。次節も頼みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 1 =