“アシックスランウォーク”は評判通り本当に歩きやすいメンズビジネスシューズ!

スニーカーのようなメンズビジネスシューズ

おはようございます。

今日は営業として、1日中歩き回って足も疲れて腰痛までひどかった時に出会ってから履いているアシックスのランウォークの紹介です。本当に歩きやすくこの靴に惚れ込んでいて2足持っているほどです。

アシックスのビジネスシューズ ランウォーク

外回りの時間が長かったため、革靴だと固くて短い距離でも足が疲れてきていました。外回りや通勤などで底が固くて重い革靴やビジネスシューズで歩くと、足の裏や足首に負担がかかり、足の痛みの原因になります。しかも重い荷物を持っているので、腰痛までひどくなってくる悪循環。そういえば、当時は毎週のように整体行っていました。

だから本当はスニーカーで通勤や外回りができれば良いのですが、そうもいかない。

そんな時に出会ったのがこのアシックスのランウォークです。何が良いって軽くて柔らかいんです。足の痛みの原因になっていたビジネスシューズの底の固さや靴本体の重さは一切ありません。

このアシックスのランウォークは2万円代前半と2万円代後半の2パターンあって、デザインは一緒です。ただ、高いモデルの方がゴアテックスが装備されているので、雨にも強いです。僕は2足とも、そちらで雨の日も外回りの際には重宝しています。

エアサイクル機能を搭載した、シンプルなプレーントゥ。ヒールにクッション素材のGELを内蔵し、着地衝撃をやわらげるとともに、高い反発性でキック力を効率よく歩行エネルギーに変換する、スピーバをトウとヒールに装備しています。ソール中足部には剛性のアップとねじれを軽減し安定性を高めるトラスティックを採用しています

Amazon紹介文より

上記のような特殊ジェルが入っているので、衝撃を吸収する役割や歩く時にバネがはいっているように軽く歩けるのが、良いポイントです。しかもソールはゴムなので、革靴と比較すると、冬は温かいです。ちなみに手入れは普通の革靴と全く一緒です。

メンテナンスして繰り返して使えるビジネスシューズ(革靴)

踵部分のソールが取り替え可能

踵のソール部分がアシックスストアに持っていくと、3,240円で取り替えてくれます。ちなみにこの靴は今回2回目の取り替えです。結構歩いたので、今回が最後になる予定です。

※踵の部分を超えて、本体の土台部分まで擦れてしまうと、取り替え不可になってしまうので、要注意です。

この靴履いてしまうと、正直普通の革靴が重く感じてしまう程、楽な革靴です。アシックスストア、デパートや百貨店などに並んていますので、是非、一度履いてみてください。おすすめです。

アシックスランウォークにも1点だけ注意点

見た目はグッドイヤーウェルト製法ですが、飾りなのですぐ紐の部分が取れていまい、ソールの靴部分がしっかり縫い付けてられていないので、オフィスの絨毯などによく引っかかります。少し剥がれやすいので、そこだけ改善してくれると満点です。
ただ、最近はグッドイヤー製法も出ましたので、こちらも良いと思います。

確認したとたところ、こちらもグッドイヤー製法ではありませんでした。

こんな人におすすめ

  • 革靴やビジネスシューズに重さや固さを感じてしまう方・または疲れてしまう方。
  • 通勤や外回りで歩く方
  • 足や腰に既に痛みがある方
  • フォーマルな時でもとにかく楽したいって方(冠婚葬祭でも十分使用できます)

他の方の声

購入を前に確認したこと

私は節約する意識高いですし、定価で買った後にセールで同じ商品が売られていることを発見した日には損した気持ちになってしまいます。
だから、Googleで「ランウォーク セール」や「ランウォーク アウトレット」で検索して、調査はしておきました。
が、私が調べた限りはセールで販売されている情報はありませんでした。

購入を検討している方

この記事をここまで読んでいる方であれば、一足試しに履いて間違いないでしょう。足や腰が痛むなら、この靴は痛み防止になるので、おすすめです。整体やマッサージに行くなら、1回1時間6,000円なので、月1回行って4ヶ月で元がとれちゃいますよ。ランウォーク自体はソールを変えて3年は持つので、長い目で見たらコスパ良い歩きやすい靴ですよ。本当に。

そしてちょっと値段が高いという方はこちらもおすすめです。

ここまで読んでくれて有難うございます。
スコッチグレインの記事も書いていますので、良かったら御覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 2 =